宗教が絡む葬儀|家族葬の事なら葬儀社へ【故人を送り出すお手伝いをします】

宗教が絡む葬儀

式場

自由にできる

無宗教のメリットは、しきたりに縛られない自由な葬儀ができることです。故人が好きだったものをモチーフにできますし、生前伝えられている希望をそのまま反映できます。予算少なめで、祭壇にボリュームを与えられる他、経験豊富なスタッフたちが自由という利点を活かして、様々なアイディアを出し合います。口コミでは、宮前区で思い出深い良い葬儀ができたという声がありますが、あれは無宗教だからできたことでしょう。ホテルの場合は、故人を偲びながらパーティ形式でやったり、参列者と食事をしながら故人の思い出話しに花を咲かせたりできます。これが醍醐味なので、無宗教の葬儀はクオリティが高いのです。

形式に合わせて葬式を行なう

自由にできる無宗教と違い、キリスト教の葬式は決められた流れで執り行われます。しかし、まだ日本ではキリスト教の葬儀に馴染みがなく浸透していないのが現状です。宗派で流れは違ってきますが、聖書朗読と弔電や弔辞は普通にあります。また一般的な葬式はお焼香ですが、キリスト教は献花が決まりとなっています。いろいろあって大変ですが、経験豊富なスタッフがいれば無事に葬儀を終えられるでしょう。

葬式を行なう前の注意点

無宗教、宗教と形式によって葬式の内容が違います。それぞれ注意することがいくつかあるので、頭の中に入れながら準備しましょう。

ここはチェックしておきたい

プランの内容

葬儀社と契約を交わす前にどのようなものが含まれてこの値段なのかをしっかり見ておくことです。また、葬式の時に必ず準備するものに寺院、飲食や接待に関する費用があります。プランの中に含まれていないこともあるため、しっかり見て決めることが大事です。

見積もりを取る前に飲食と接待費を入れる

葬儀社が出す見積もり書は、飲食と接待費が含まれていないものなので、予め葬儀社に加えてほしい旨を伝えるようにしましょう。この場合、参列する人数で値段が大きく違ってきますから事前に数を把握しておくことも重要です。これは寺院費用にも同じことが言えます。

葬儀についてのマナー

自身が喪主になった場合も、服装や訃報の伝え方などいろいろな部分に気をつける必要が出てきます。挨拶の仕方も考えなければならないでしょう。逆に参列する側にもマナーがあるので、葬儀全般のことは勉強しておくべきです。

葬儀の後にする手続きについて

全ての段取りを終えた後も、故人が勤めていた会社へ挨拶にいったり、整理をしたりしなければならず、また法律的な手続きが待っています。今後、財産分与で話し合いの場がもたれるでしょう。遺言書が手元にあるなら、話し合いも長引きません。

広告募集中